M字ハゲ

M字ハゲの治療@本当に回復するの?進行度が早いけど止まるの?

若ハゲにM字が多いのは?

M字ハゲは男性型脱毛症(AGA)の典型的な薄毛の症状です。男性型脱毛症の原因は強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテステステロン)です。

 

このDHTは、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けることで変化したものです。テステステロンは全ての男性(女性もあります)が持っていますが、DHTは全ての男性が持っているわけではありません。

 

若ハゲにM字ハゲが多いのは、もともと男性ホルモンを多く持っている方に多いようです。筋肉が大きく、精力も強いという男性的な方に多いんですね。こればかりは生まれついたものなので仕方ありません。

 

遺伝ですね。薄毛の原因には、ストレスや生活習慣(睡眠不足)などが考えられますが、若い方のM字ハゲは遺伝の可能性が高いと言えます。薄毛の遺伝的情報はX染色体にあると言われているので、父方よりも母方に薄毛の方がいると、あなたもM字ハゲ(薄毛)になる可能性が高くなると言えるでしょう。

M字ハゲは治るの?治らないの?

では

 

M字ハゲを治す方法はあるのでしょうか?
本当に回復するのでしょうか?

 

正直にお答えすると「大変である・・・」と言わざるを得ません。というのもM字に当たる生え際は育毛剤が浸透しづらい箇所であるからです。

 

M字ハゲになる生え際というのは皮膚が固く、毛穴も小さいので、もともと細い髪の毛しか生えていませんよね?生え際からギッシリと太い髪が生えている方というのは、あまり見かけませんね。

 

そうかと言って「全ての育毛剤が利かない」というわけでもありません。

M字ハゲに利く育毛剤

M字ハゲに効果のある育毛剤があるのでしょうか?

 

中には「M字ハゲ専用の育毛剤」もあります。また育毛剤を選ぶ時には「成分」も重要ですが、それ以上に「浸透力」に着目してほしいです。

 

もともと育毛剤が浸透しづらい生え際に作用させたいのですから、毛根にまで成分が届かないと効果が発揮されません。

 

最近では、育毛剤の成分をナノ化しているものがあります。もちろん、成分も重要な要素であることは変わりませんが、成分と共に選ぶポイントに「浸透力」を加えて欲しいのです。

 

「薬用育毛剤プランテル」がM字ハゲ用の育毛剤として人気がありますが、育毛剤チャップアップは成分的に薬用育毛剤プランテルよりも優れています。育毛剤チャップアップは、ナノ水を利用して浸透力を高めています。M字ハゲ専用とは宣伝していませんが、M字ハゲにはプランテルよりも効果が期待で来るでしょう。

 

M字ハゲ専用の育毛剤も販売されており、浸透力の高い育毛剤もあります。が、ハゲる前にハゲないように予防する方が凄く楽であるといえますね。とはいえ、M字ハゲは進行するのが早いので、普段からのケアが大切になります。

 

特に20代、30代の若いころから育毛剤などでケアをしていきましょう。一旦、症状が現れると進行するのを食い止めるのが難しくなるのが、M字ハゲの怖いところでもありますが、M字ハゲの進行が止まるまでケアを続けましょう。

M字ハゲはAGA治療の専門クリニックがお薦め?

予防していても、一旦、M字ハゲが進行すると進行度が早いのが特徴です。「本当に止まるのか?」と不安になることもあるでしょう。残念ながら一度M字ハゲが進行してしまうと、なかなか進行が止まることはありません・・・。

 

 

とはいうものの、これは自宅で育毛剤を使ってのケアでの話しです。

 

 

AGA治療の専門クリニックではこの限りではありません。クリニックでの治療は通常はプロペシアをメインとした治療を行います。予防治療の場合はプロペシア単体での治療でも十分ですが、発毛を促す治療の場合にはミノキシジルを併用することも多いです。

 

さらに、発毛効果を高めるためにクリニック独自に開発したオリジナル治療薬を使用する病院もあります。これはプロペシアとミノキシジルの効果を高めるための補助的なサプリメントのようなことが多いですね。

 

 

しかしながら、M字ハゲを治療する場合にはプロペシアとミノキシジルを併用するだけでは効果の出ない方の多くいるようです。その場合には、注射器を使用してダイレクトにM字ハゲの箇所に治療薬を注入する治療を行うほうが効果的です。

 

このような治療を育毛メソセラピーとよび、内服薬と外用薬による治療よりも高い発毛効果を期待できます。

 

中でもAGAスキンクリニックのAGAメソセラピーのDrsメソ治療は発毛実感率が99%以上と評判が高いです。AGAスキンクリニックの口コミについて紹介しているサイトを見つけたので紹介しますね。AGAスキンクリニックの口コミ

M字ハゲを植毛で治療する@自毛植毛の薦め

AGA治療の専門病院での育毛メソセラピーはとても有効な治療ですが、自毛植毛もお薦めの治療です。育毛メソセラピーでも治療することはできるのですが、多少、時間がかかってしまいます。早い方でも4〜6カ月ほどは必要となります。また。AGA治療はいったん回復、改善したM字ハゲも数年たつと、再び進行が始まる場合ばあります。これは男性ホルモンの影響を受けるので仕方のないことなんですね。

 

 

そこで自毛植毛ですが、後頭部より採取した自分の髪の毛をM字ハゲの箇所に植毛していくのですが、植毛の最大のメリットは「一旦、植毛した箇所は薄くならない!」ということです。植毛した箇所はハゲないんですね。

 

M字ハゲの原因は男性ホルモンのDHTですが、DHTが作られる過程のおいて、誰もが持っているテステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けてDHTが作られるのですが、後頭部の毛包には5αリダクターゼが作用しないんです!

 

後頭部やサイドの下部までハゲている人を見たことがありますか?(病気などで前頭がハゲている方を除いて)後頭部やサイドの毛包には5αリダクターゼを通す穴がないんですね!

 

ということは、後頭部やサイド下部ではDHTが作られない!そのため後頭部やサイド下部ではハゲることがないです。

 

 

DHTを作ることができない毛包をM字ハゲの箇所に植毛するので、植毛した後は何年たってもハゲる(薄くなる)ことはないんです。一度、植毛してしまえば、将来もハゲることがないのが自毛植毛の最大のメリットです。

 

 

ただ、自毛植毛は費用の高いのがデメリットです。が、M字ハゲの箇所だけであれば面積が狭いので費用も少なくて済みます。(植毛の費用としては、ということですが・・・。)

M字ハゲを治す方法とは?

以上のことからも、予防の段階では育毛剤も有効ですが、いったんM字ハゲになってしまってからはAGA治療の専門クリニックによる育毛メソセラピーや自毛植毛が適しているといえます。

 

まずは、「大丈夫かな?」と思ったら育毛剤を使用することをお薦めします。見た目に「M字ハゲかな?」と感じたときには、少なからずM字ハゲが進行していると思って間違いないと思いますよ。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ